中泊トマト海鮮ラーメンとは

中泊産トマト・メバル(津軽海峡メバル)・イカ使用「中泊トマト海鮮ラーメン」

「中泊メバルの刺身と煮付け膳」(メバル膳)「中泊メバルちゃんこ鍋」(メバちゃん鍋)に続く青森県中なかどまりまち泊町の新・ご当地グルメ第3弾!

2015年7月3日のデビュー以来、2021年1月31日でトータル85,909食を記録した「メバル膳」、2019年11月10日に登場した冬期限定「メバちゃん鍋」に、新たに「トマ鮮ラーメン」がお目見えし、中泊町新・ご当地グルメは三部作に。新・ご当地みやげも続々登場。どこまで驀進するのか!?中泊町。答えは、「トマ鮮ラーメン」を食べながら考えよう。

❶ 麺

太め&軽くちぢれた麺は、もちっとしてコシがあり、パスタに通じる食感。濃厚なスープが麺によく絡み、麺を味わいながらスープを飲む感覚。北海道産小麦「春よ恋」100%で作った生麺を使用。

❷ 地場産&手作りの“イカ天かまぼこ”

ふわふわの魚のすり身に、イカゲソと玉ねぎを練り合わせて揚げた、津軽地方の郷土料理。スルメイカ、ヤリイカなど、季節の旬のイカで手作りしている。中泊町はイカの名産地でもあるのだ。

❾ 地場産&手作りの“メバルソーセージ”

「津軽海峡メバル」のミンチで作った魚肉ソーセージ。プリっと歯ごたえがあり、クセのない味がスープと好相性。軽くつけた焼き目の香ばしさに、つい、そのままパクパクいきたいが、ぜひスープを絡めて味わって。

❺ 粉チーズ
トマトと愛称のいい粉チーズをトッピング。濃厚なスープの味わいを、さらに引き立てる。
❻ レンゲ
陶器のレンゲは、ビタミンカラーの「グリーン」。トマトスープの「赤」、どんぶりの「白」と三色揃って気分はイタリアン。
❿ 味変調味料
まず本来の味を楽しんだ後、味変に、ブラックペッパー(S&B)を一振り。コショウの香りと刺激で二度美味しい。
❽ 自家製トマトスープ
チキンブイヨンで、中泊産トマトピューレをのばした濃厚なスープ。隠し味のリンゴ&ニンジンピューレ、米麹で、トマトの酸味がぐっとマイルドに。仕上げにオリーブオイルをひとたらし。最後の一滴まで飲み干したくなるスープ!

❹ 箸置き
真っ赤に熟したトマトが2つ並んだ意匠が可愛い箸置き。2つのトマトのくぼみに、箸がピッタリと収まる。
❸ 水菜
食欲をそそる緑のトッピングは、シャキシャキとした歯切れのよさを楽しめる水菜。
❼パプリカ
鮮やかなスープの色を引き立てる名脇役。赤とイエローのダブルカラーでトッピング。やさしい甘みがうれしい。

「中泊トマト海鮮ラーメン」の定義

中泊町の食材は、海産物(メバル・イカ)だけじゃない!トマトをはじめとした農産物も自慢の逸品!「中泊メバルの刺身と煮付け膳」(メバル膳)、「中泊メバルちゃんこ鍋」(メバちゃん鍋)に続く中泊町の新・ご当地グルメ第3弾は、地場産トマトを使って作った自家製トマトスープに、地場産&手作りの“メバルソーセージ”“イカ天かまぼこ”をトッピングした、非常に珍しい“トマト海鮮ラーメン”です。

「中泊トマト海鮮ラーメン」のルール

  • ①正式名称は、「中泊トマト海鮮ラーメン」とする
  • ②愛称・略称は、「トマ鮮ラーメン」とする
  • ③自家製トマトスープは、中泊産トマトピューレを使い、協議会指定レシピで作る(化学調味料は不使用)
  • ④麺は、北海道産小麦「春よ恋」100%の太ちぢれ麺とする
  • ⑤トッピングは、地場産&手作りの“メバルソーセージ”&“イカ天かまぼこ”、赤パプリカ、黄パプリカ、水菜、粉チーズとする
  • ⑥味変調味料は、ブラックペッパーとする
  • ⑦協議会指定のラーメンどんぶり、レンゲ、箸置き、トレーを使用する
  • ⑧協議会指定の箸袋を使用する
  • ⑨希望者には紙エプロンを提供する
  • ⑩料金は1000円(税込)以下とし、全店共通とする

中泊町長が語る中泊トマト海鮮ラーメン

待ちにまっていた「トマ鮮ラーメン」、これは本当に美味しい。見た目も味も、そうきたか!と思うような意外性があり、かつ、食べる人の期待に応える力がある。またまたヒットを予感します。

また、新・ご当地みやげの一つ、高級缶詰シリーズの第2弾が3月にデビューします。第1弾「中泊メバージョ」は、メバルとイカを使ったアヒージョ風でしたが、今回はシチュー仕立てで赤ワインによく合う一品。こちらも楽しみにしています。

スピード感をもって留まるところを知らない新・ご当地グルメ/みやげを発信する協議会の皆さんの活躍に益々期待しております(笑)。町でも町民と町を訪れた人の両方が楽しめる温泉開発や観光ビジョンの実現を目指し、この春始動するものもあります。中泊は常に新しい発見がある町。ぜひ訪れて、町を丸ごと楽しんでください。 (談)

空飛ぶご当地グルメプロデューサー ヒロ中田

濱舘豊光さん(61歳)

1982年、弘前大学経済学部卒。青森県庁エネルギー総合対策局エネルギー開発振興課長、企画政策部広報広聴課長、総務部参事・秘書課長、青森県東京事務所長を歴任し、2017年4月より現職を務める。座右の銘は、何事にも諦めることなく可能性に挑戦することを意味する「不撓不屈(ふとうふくつ)」。

プロデューサーが語る中泊トマト海鮮ラーメン

「2020年度に新・ご当地グルメ開発の第3弾をやりたいのですが、何か面白いアイデアありませんか」。2019年11月、鈴木メバルーから連絡があり、2週間後、ぼくは次のように返信した。「中泊産トマトで作った特製ハヤシライスルウ使用『中泊メバルの唐揚げハヤシライス丼』を開発しよう」。

それから5か月が経ち、「ハヤシライス丼の開発会議をスタートしたいのですが」と催促のメール。ぼくはハヤシライスでは売れないと判断し、2020年4月29日、「中泊トマト海鮮ラーメン」開発に舵を切りました。

しかし、なかなか思うようなトマトスープが出来ず、悪戦苦闘。中畑会長はじめ協議会メンバーは何度も心が折れそうになったと思いますが、粘り強く取り組んでくれたおかげで満足のいく一杯が完成しました。青森県ナンバーワンのトマトラーメンだと太鼓判を押しましょう。(談)

空飛ぶご当地グルメプロデューサー ヒロ中田

ヒロ中田さん(60歳)
空飛ぶご当地グルメプロデューサー
(じゃらんリサーチセンター)

地場産食材に徹底 的にこだわった企画開発型の「新・ご当地グルメ」を提唱し、これまで70以上の商品をプロデュース。青森県「深浦マグロステーキ丼」開発を追ったノンフィクションストーリー『ご当地グルメヒーローズ』が好評発売中。

トマト生産者

相撲クイズ付き大入り袋
「トマ鮮ラーメン」のベース 美味しいトマトの生産者
小野美恵子さん

以前、冷やし中華のスープにトマトを入れたら評判で、ラーメンの麺とトマトは合うと密かに思っていたんです。
ですから新・ご当地グルメ第3弾がトマトラーメンと聞いて「やっぱり!」と手をたたきました。
試食の際、ポタージュのようなスープの濃厚さにびっくりしましたが、想像を超えた美味しさにも驚きました。
トマトは通常、追熟を想定して出荷しますが、「トマ鮮ラーメン」は、畑で完熟したトマトをピューレにするので、一番美味しい状態で味わっていただけるんです。

トッピング開発者

相撲クイズ付き大入り袋
仕出し処 隆佐(たかさ)代表
佐藤隆文さん

これまで中泊の新・ご当地グルメは魚が主役でしたが、漁業と農業の両方が盛んな中泊は野菜も美味しいのです。
第3弾は野菜を主役にというお題でしたのであれこれレシピを考えるわけですが、ラーメンというのは意外。
完成にこぎつけるのは、いつものことながら大変で。
トマトの酸っぱさを和らげるためにリンゴや人参のピューレを加え、米麹でまろやかさを出しつつ、少量の味噌で味を締め…。
スープの味がピタッと決まり、OKが出た時は実に嬉しかったですね〜。

協議会会長

相撲クイズ付き大入り袋
中泊メバル料理推進協議会会長
中畑哲也さん

中泊町のスター食材の一つであるトマトが、いよいよ主役を張ることになりました。とはいえ、小泊漁港で揚がるメバルとイカもしっかり存在感を主張していますよ。
ラーメンといいつつも、見た目や味はおしゃれなイタリアンみたいじゃないですか?
「トマ鮮ラーメン」は、ボリュームも価格も気軽に味わえる内容ですし、お店にとっては、予約なしで注文を受けてもすぐに提供できる一品です。
ランチはもちろん、お酒を飲んだ後の〆ラーメンにもおすすめです。

ページ上部へ戻る